お金は「使い方」でその人が表れ、受け取りが変わる

人の営みとお金について研究し続け、本当に面白いなぁと思います。

お金は人間が作った道具にすぎませんよね。

でも、私たち人間は、
そのお金「交換機能・価値尺度機能・保存機能のある道具」に惑わされることもとても多くありますよね。

最近、埼玉の安岡記念館さんにご縁があって、あちこちからも貴重な本の情報をが入って、

今この時期に、学び直せ!と言われているんだなぁと思って読んています。

迷いが出てきたら、歴史に学ぶ

安岡定子さんの著書「論語」の中にも、お金に関する記載があります。

その中で、お!と思ったのは、

人を見極める法としての「八観」の中の一説。


「八観」というのは中国の戦国時代に編集された『呂氏春秋』の中にある「八観六験」の言葉です)


3. 富めばその養ふ所を観る

(金ができ、何を養うかを観察する) 

プレジデント社「渋沢栄一と安岡正篤で読み解く論語」(安岡定子著)より一部引用

自分の体験と重ね合わせて学ぶと、受け取りが変わる!

実は、私もお小遣いをもらって夏祭りに友達と出かけ、
何も考えずに、1円残らず全部使い切って、母からこっぴどく怒られた記憶があります(苦笑)。

自分でも飼えもしないのに、金魚やヤドカリを買ってきてしまったわけで・・・

お金を使うということは、その後の責任も自分でとることになり、

意義ある大切なことに使うことが大事なんだな・・・と振り返ると思います。

この「八観」でも、

「お金が入ったときに、何を養うか、何にお金を使うか?をじっくり観察すると、その人がわかる!」

とあり、人の本性が見抜かれるということでもあるんですよね。

ということですね。

コロナ禍で、様々な支援金や補助金・助成金など受け取り制度も注目されています。

実は、「使い方が明確で、世のため経済のためになると認識されると、補助金は受けやすくなる!」
という因果関係もあるのです!

私たちは、稼ぎだけでなく、税金や社会保障などから「社会を巡ってくるお金をどう使うか?」
これからの開かれる道が変わってくると思えてなりません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。